歯を失った方へ

歯が抜けてしまった場合の治療法

虫歯や歯周病で歯を失ってしまった場合、その欠損箇所を補うための治療が必要です。当院では、「インプラント」、「入れ歯」、「ブリッジ」の3つの治療法から、患者さんのお口の中の状態やご要望に合わせた最適な治療をご提供しています。それぞれのメリット・デメリットもしっかりとご説明し、ご不安のない治療ができるよう努めてまいりますので、安心ください。

インプラント治療

歯の欠損箇所の顎骨に埋め込んだチタン製の人工歯根を土台にして、人工歯を装着する治療法をインプラント治療といいます。土台がしっかりと孤立しているため、周囲の健康な歯に負担をかけることなく、天然の歯と変わらない咀嚼力を実現することができます。機能性だけでなく、美しい見た目を実現できる審美性にも優れた治療法です。

インプラントのメリット

  • 咀嚼力が強い
  • 見た目がキレイ
  • 周囲の歯を傷付けない
  • 装着時の違和感や痛みがない

インプラントのデメリット

  • 外科手術が必要
  • 費用が高価
  • 治療期間が長い
  • 症例によって適応できない

入れ歯治療

従来の入れ歯は、装着時の痛みや違和感が気になったり、金属のバネが目立ってしまうなどのデメリットが多くありました。そこで、当院では「ノンクラスプデンチャー」を採用。金属のバネを使用していないため、見た目に優れ、無味無臭。金属アレルギーの心配もありません。また、床が薄く軽いため、装着時の違和感や痛みも少なく、会話やお食事が楽しんでいただくことができる入れ歯なのです。現在の入れ歯にお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

入れ歯治療のメリット

  • ノンクラスプデンチャーで見た目がキレイ
  • 大きな欠損にも適応できる
  • 取り外し可能で手入れが簡単

入れ歯治療のデメリット

  • インプラントに比べて噛みにくい
  • 発音がしにくい
  • ノンクラスプデンチャーは自費診療である

ブリッジ治療

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削り土台にして、そこに橋をかけるように人工歯を装着する治療法です。土台があるためしっかりと固定されて違和感も少なく、噛む力も安定しています。しかし、健康な両隣の歯を削り、さらに土台として負担がかかってしまうデメリットもあります。

ブリッジ治療のメリット

  • 安定しやすい
  • 装着時の違和感が少ない
  • しっかり噛める

ブリッジ治療のデメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
  • 両隣の歯への負担が大きい
  • 発音しにくい
048-824-0200 お問い合わせ