食育ブログ

2017.11.15更新

こんにちは!

 

シンポ歯科クリニック浦和です!

 

先日、テレビで「アンチエイジング」特集が行われており、

それに触発され今回は「抗酸化作用」を持つ「ファイトケミカル」について取り上げてみます!

 

ファイトケミカル

→野菜や果物に含まれる「第7の栄養素」としての機能性成分。

 廊下の促進や様々な病気に関係する活性酸素を除去してくれる。

 

と、まぁこれがいわゆる定義というやつでして。。。(笑)

 

じゃあどんな食物を摂ればいいの?という話になるわけですが、主なものとして

 

大豆、ごま、緑茶、わさび、ねぎ、にんじん、トマト、ホウレンソウ

 

などが挙げられます!どれも気軽に摂取できるものばかりではないでしょうか!?

 

高価な食べ物や飲み物ではなく、私たちの身近にあるもので

病気を予防できるのであればそんないいことはないですよね( ゚∀゚ )

 

私も今日から毎日ねぎを食べていこうと思いまーす!(笑)

投稿者: シンポ歯科クリニック 浦和

2017.11.10更新

皆さんこんにちは(。・w・。 )

 

シンポ歯科クリニック浦和です!

 

本日のテーマは「炭水化物」です!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

炭水化物っておいしいですよねぇ。。

白米にラーメン、ケーキにお寿司・・・数えだしたらきりがないですが、

そんな炭水化物について皆さんはどれほどご存知でしょうか?

 

 

白米より玄米、食パンより全粒粉パン、うどんよりそばが体に良い

 

こんな言葉、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

なんとなくイメージがわきやすかいと思いますが

大事なのは「なぜそうなのか」を知っておくことです。

 

炭水化物にはGI値というものがあります。

GI値というのは、食後の血糖値の上昇度を表しています。

 

白米70>玄米55

 

食パン91>全粒粉パン49

 

うどん85>そば54

 

数字はGI値を表しており、高ければ高いほど食後の血糖値の急激な上昇を招きます。

血糖値の急激な上昇により、大量のインスリンが分泌され

肥満にもつながりますし、強い眠気にも襲われるようになります。

食後眠くて仕方がないという方はおそらくGI 値の高いものを摂取している可能性が高いです(´;ω;`)ウッ…

 

ここで意外なのが、ジャガイモ・人参も高GI値であることです。

野菜やイモ類にも注意していかなければならないことがわかりますね。。。

 

そしてさらに注意しなければならないのが、「GI値が低くても糖質の量は変わらない」ということ。

玄米だから、そばだからと言って大量に摂取してしまうと元も子もありません。

 

皆さんこれからはGI値を意識した食生活を心がけてはいかがでしょうか(●*’v`*人).o0

 

 

 

投稿者: シンポ歯科クリニック 浦和

2017.11.08更新

こんにちは!

 

いや~寒いですねぇ

これからさらに寒くなると思うと…(´д`ι)

 

さて、食育ブログの記念すべき最初のテーマですが、ズバリ「カルシウム」です!

皆さん、毎日きちんと摂取できていますか?

カルシウムは歯に良いだけでなく、なにより骨を丈夫にしてくれます。

 

「骨粗鬆症」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

骨が弱くなるとくしゃみをしただけで骨折してしまうケースがあるほど・・・

そういったことを予防するためにカルシウム摂取が重要になってくるんです(・∀・)

 

カルシウムを多く含む食品群として

 

牛乳 イワシ ヨーグルト 小松菜 豆腐

 

などが挙げられます。

調べてみるとまだまだたくさんありますので、調べてみるのも面白いですね!

今日から少しずつ意識して摂取していきましょー!(゚∀゚)

 

 

投稿者: シンポ歯科クリニック 浦和

2016.02.21更新

今後ともよろしくお願い致します!

投稿者: シンポ歯科クリニック 浦和

048-824-0200 お問い合わせ